FC2ブログ

講座五日目

講師広

寄り

記念


10月20日(木) セミナー5日目 いよいよ後半折り返しの講座となりました。
受講生の皆さんは実習の甲斐あって和気藹々と朝から和んだ雰囲気でした。
今回の講師は「NPO法人 絵本で子育て センター」の代表を務めておられる
藤井勇市先生をお招きして午前・午後の1日講演となりました。

ゆっくりとやさしいお声で話を始められた先生のお話に、会場内は一変して空気が変わっていくのが
見えるほどの内容で、なぜ読み聞かせボランティアが必要であるのかを3.11の震災のことから
全学連のことから地球環境のことなどを含めて順序だててわかりやすくお話くださいました。
先生のお話は、決して考えを押し付けるようなことはせず、心地の良い感覚で聞くことができました。

印象に残ったお話しは、
これからは、「大きな物語」(自分のことも大事だが、人のことも大事に思う感受性を持つこと)
を創っていく必要があると思う。
という内容です。
私が日ごろから思っていることを先生がおっしゃってくださり、うれしかったです。
読み聞かせボランティアの活動は「大きな物語」を創るための1つにふさわしいものであると確信しました。

また、懇親会では先生と受講生3人スタッフ3人の計7人で4時も回らないうちから「いいお酒」が入り、
第2部講演会といった盛り上がりで、参加された受講生も大満足でした。

最後に・・・
絵本を楽しむ空間は、親子や少人数で日常的に行われるようになり、
ボランティアの活動の読み聞かせ(非日常)がいつの日か、主流でなくなることを願い、

これから出会う子どもたちには「おうちでも読んでもらってね」と、伝えることが本当の
役目ではないかと提案していきたいと思います。

藤井先生 また新潟にいらしてください。ありがとうございました。


講座運営責任者 古川裕美子

画像は上から

講座風景  この日も欠席者が少なくほぼ満席でした

藤井講師  語りかけは優しいが内容はハッとさせられる

第二部講演会?? アルコールが入りみんなテンション高く講師も講義?に熱が入った 

20日 親睦会の会場

実行委員のみなさん、受講生の皆さんにお伝えします

20日の藤井講師を迎えての講座終了後の親睦会の会場が決まりましたのでお知らせいたします

場所  JR新潟駅前 マルタケビル地階

    マルタケ安兵衛
電話 025-247-3721

住所 新潟市中央区東大通1-4-1
    マルタケビル地階

時間 16時~

では講座でお会いしましょう

 

講座四日目



DSCF6701.jpg

DSCF6712.jpg

DSCF6713.jpg

DSCF6717.jpg

DSCF6719.jpg

DSCF6703.jpg

DSCF6709.jpg

DSCF6708.jpg

DSCF6707.jpg

午前 平井葉子さん
声、息が これは年。黙読、間の大切さ。主役は聞く側で決して読む側でない。私の悩み解消日でした。
午後 各自実習
男性の方で女登場人物、女言葉はさける。セミナー代表に聞く。悩みは同じ、との事。15時大人も楽しいのだから子供はもっと楽しい。代表の言葉で終了

実行委員
赤塚伊美子


午後はグループに分かれて「自分の好きな絵本を読みましょう」その三回目です

今回のセミナーのねらいの一つが「とにかく多数の前で絵本を実際に読む」ことがあります、初めての人は絵本を手にして声をだして相手にきいてもらう練習になります

経験者は大人の人に向けて自分はこうやって読んでいるとのお手本になります、読み終えると各グループ内で感想・意見などを述べてもらいました、実行委員も各グループに入ってもらいました、実行委員はあまり意見を出さず聞かれたときに答えましょうとの打合せがあったのですが、そこは絵本に携わる人達です、受講生の話にいつのまにか加わり時間が過ぎるのを忘れてしまうほどでした

絵本はだれのために読むのか? 午前の平井講師の話にもあったのですが相手を意識しない選書や読み方は乱暴に言えば自己満足でしかないと考えます、思いいれの深い絵本に出会うとぜひこの絵本を紹介したいとの事でその場にはふさわしくない絵本を選んでしまう事もあります

今回の実習ではその事をあえて都度指摘はしませんでしたが、後でそれぞれが分かる日が来ると思います
実行委員の会議では今回の実習の方法で「初めての人がいきなり人前で絵本を読めるのか」「経験者と初心者の違いが出すぎるのでは」「実行委員が読むとそれがお手本と誤解されないか」などと言った意見がありましたが、始まってみるとそれらは全て心配することはありませんでした

とにかく絵本を読んで見ましょう、これは実際の現場に出るときの一歩になります、究極の講師は実際の現場で絵本の読み聞かせをきいてくれる人々です、まずは現場に出てみましょう

代表 福島はるお

画像は 上から 午前の平井講師・大型絵本を実演 三枚目から六枚目 グループワーク

以下は実行委員が手遊びを披露する、赤塚・大野・笹岡・町田の順番

10月5日は講座の4日目です

10月に入ったら急に朝晩が冷えるようになりました、こんな時は体調に気をつけましょう

明後日は講座の4日目です、担当講師は フリーアナウンサー・JIPC読書アドバイザーの平井葉子氏です

実際に絵本の読み聞かせ活動もされている氏から実践を踏まえたお話をしていただく予定です

なお午前だけの聴講も受け付けています、全コマ参加は出来ないけどと言うかたはいかがでしょうか

申込は左のメールフォームよりお願いします

子どもゆめ基金ガイド紙に

講座の助成をいただいている「子どもゆめ基金」のガイド紙に新潟読み聞かせセミナーの22年度分が紹介されました

全国で夢基金を活用している団体むけのガイド紙です、そのままブログで紹介させていただきました
新潟でこのような活動がされていることが独立行政法人「国立青少年教育振興機構」に認められたことと理解をします、ありがとうございます

画像をクリックすると大きな画像になります

機関紙2 (2)

機関紙2 (1) 

09 | 2011/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

絵本セミナー

Author:絵本セミナー
にいがた絵本セミナー

市民団体「にいがた絵本セミナー」

非営利・個人レベルで委員が集まる
任意団体です

目的
子育て世代の父母が日常的に親子で絵本を楽しめるように、その意義や目的などをセミナー形式で行っています

2011年より毎年秋に様々な講師陣による講座を行っています



子育て中の皆さんを始め、絵本に興味がある方、子どもたちの未来を考える皆さん、
ぜひ絵本の世界を一緒に楽しみましょう

ご質問やメールはメールフォームよりお願いします

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ご訪問ありがとうございます
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
セミナープログラム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR