FC2ブログ

鬼さん笑ってください

まだ9月です、講座も全7回のうち3回が終わったばかりです、なのにもう来年の講座の事を考えないといけないのです

この講座は こども夢基金と言う国の助成金をいただいて行っています、その申請の期限が今年12月なんです
今回の講座が終わるのが11月24日なので、最終回のすぐあとに、しかも年末がくる慌ただしいときに来年の講座内容を決めて申請書を提出しないといけません

このブログをご覧になって、来年も開催されるならばこんな講座にしてほしい、などのご意見をぜひお聞かせください、時期・時間・曜日・希望の講師・絵本作家などなどなんでもお聞かせいただければありがたいです

コメント欄に匿名でお聞かせください、よろしくお願いします

なお来年の講座を開催出来るかどうかは現在のところ未定です

講座3日目「中川ひろたか」講演会

P1000344.jpg


講座第3回目は万代市民会館6Fホールにて絵本作家中川ひろたかさんをお迎えして、「私の絵本創作の原点」の講演会でした。25年来の付き合いがあるという新潟市在住の「たっつぁん」こと「横山作栄」さんとの対談形式で講演会は進められ、終始笑いと拍手の絶えないたいへん楽しい講演会となりました。

中川さんは日本で男性の保育資格取得者第1号。

子供に通じるものは本質や普遍性を持ち、それらを見つける作業が子供の歌や絵本を作ることであるとおっしゃっていました。

デビュー作「さつまのおいも」(中川ひろたか/文 村上康成/絵 童心社)を誕生秘話を交えて読み聞かせをして下さり、「絵本の読み方にルールは無い。途中で戻っても、好きなページだけ読んでも、飛ばして読んでも、好きなように楽しめるのが絵本だ。子供は最後のページから戻るように絵本を見ていることもよくある。」そして「細かいところもよく見ていて、自分の作品の不備を子供に指摘され、増刷の際修正して出版したことがある。」と笑いを交えてお話下さいました。

最新作「8月6日のこと」(中川ひろたか/文 長谷川義史/絵 河出書房新社)は母親から聞いた広島の原爆の話です。中川さんは伯父さんを原爆で亡くされています。初めて戦争を語る絵本を作られたのだそうですが、お話から作品にこめられた熱い思いが伝わってきました。

絵本作家の立場としては、「絵本を読み聞かせするときは、作家がどんなふうに読んで欲しいか想像して、楽しい所は楽しく、そして読み手自身も楽しんで読んでもらいたいと思っている」と「さつまのおいも」と「8月6日のこと」の絵本でわかりやすくお話下さいました。

保育士の試験の際、絵本の読み聞かせが試験内容にあり、自分は試験官が腹をかかえて笑うほど面白く読んで合格を確信したというエピソードもありました。

こどもの歌を多数作曲されている中川さん、ギターを持ち「おやすみうみちゃん」「にじ」(作詞/新沢としひこ)「だれかが星をみていた」(作詞/新沢としひこ)の弾き語りでは、会場はほのぼのとした雰囲気に包まれました。



 実行委員 町田幾子

本日は絵本作家「中川ひろたか」講演会です

本日はいよいよ中川ひろたかさんの絵本講演会です

会場は新潟市中央区の万代市民会館6Fホールとなります

申込をしていなかった方も大丈夫です、直接会場においでください、定員になるまでは入場できます

参加費はお一人500円です、終了後は中川さんのサイン会も予定しています、絵本も会場で販売をします

楽しい講演会になりますよ

代表 福島

中川ひろたか氏講演会

9月17日の中川ひろたか氏の講演会は申込不要でおいでになれます、参加費は500円となります

ただし定員になった場合は入場ができませんのでご了承ください

本日の新潟日報告知コーナーで掲載していただきました、

場所  新潟市万代市民会館6Fホール

開場  13時

開演  13時30分

ちらしは こちら 

講座2日目

DSCF6677.jpg
                        
DSCF6680.jpg

DSCF6692.jpg

DSCF6681.jpg

DSCF6688.jpg

画像は上から午前講義の新潟市図書館の小林司書さん

午後からのグループワーク、グループごとに絵本を読みあいました、初めての人も経験者も楽しく読んでいただきました

*******************************************************

絵本読みきかせセミナー
 読みきかせの基本と選書のポイント

講師である新潟市立中央図書館の小林さんのお人柄を表すかのように
とても穏やかで楽しい2回目の講座となりました。

教育者が教育上の理念で読み書きの向上を狙って読みきかせは大切と唱えるが、本当は、人と人の繋がりと楽しいと感じることが一番大切であり、生きる力、想像力、感性を育てるもの・・・というお話に引き込まれました。

読んでいただいた、三びきのこぶた・だいくとおにろく(福音館書店)の絵本も面白く楽しい時間となりました。
絵本を読んでもらうって、やはりいいですね。

絵本を選ぶときのポイントや読み方など盛り沢山でしたが、あっと言う間でした。

絵本の中に見つけ出す楽しさの量によって本好きか、そうでないか決まる・・・と絵本論の中にあるそうですが、子どもたちに絵本を読んでいきたいと思っている私、いえ私たちにとって、とても重要なことだなぁ~と改めて思いました。

午後も残ってくださった小林さんは、講座生の読む絵本の世界をとても楽しんでいらっしゃいました。

実行委員
 笹岡 巳幸

***************************************************
08 | 2011/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

絵本セミナー

Author:絵本セミナー
にいがた絵本セミナー

市民団体「にいがた絵本セミナー」

非営利・個人レベルで委員が集まる
任意団体です

目的
子育て世代の父母が日常的に親子で絵本を楽しめるように、その意義や目的などをセミナー形式で行っています

2011年より毎年秋に様々な講師陣による講座を行っています



子育て中の皆さんを始め、絵本に興味がある方、子どもたちの未来を考える皆さん、
ぜひ絵本の世界を一緒に楽しみましょう

ご質問やメールはメールフォームよりお願いします

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ご訪問ありがとうございます
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
セミナープログラム
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR